およそ200年以上前の京都の旧家の壁や天井に現在のクロスの代用として貼られていた竹あじろ。家の解体時に手作業で一枚一枚丁寧にはぎ取ったものを使用しています。 長い間、イロリの煙などでいぶされた竹あじろはアメ色の光沢を持ち、新しい物にはない独特の味わいがあります。
 
東北の山ぶどうやあけびのツルで編んだバックや篭。大分県の竹細工のバックや篭などを集めてみました。
 
山梨県の伝統的な特産品です。
選び抜かれた鹿革に、うるしの硬質な輝きをのせる印伝。その名の起こりはインド伝来を略して「印伝」と言われるようになりました。
 
その昔、日本酒を搾るときに使われていた木綿の酒袋。布の強度を増すために浸した柿渋、酒米からにじみ出す糖分などが年月とともに作り出した照りのある茶色は他にふたつとない独特の風合いを持っています。 機械化が進んだ現在は、酒袋は木綿からより丈夫な合繊にとってかわっているため、希少な素材となっています。